ポコあポコ

タイトルは学生時代に読んでいた小道迷子さんの競馬の4コマまんがから頂きました。登場するゆるくて憎めないキャラクターが良いです。

市川拓司 ぼくが発達障害だからできたこと

 市川拓司が発達障害者だと知らなかった。著作のいま、会いにゆきます」を読んだことがあるけどフワフワした世界観でロマンチックな話という記憶。

 市川さんは小学生のときから多動・多弁がもとで辛い思いをしたり、躁鬱の母親を抱えて母親が死んでしまうかもという不安にかられる。就職して社会に出たら障害のため不適合で苦労する。それでも、いまの奥さん(高校の同級生!著作だけでなく人生も純愛)と知り合い不安定な人生を送りながらも書き続けた小説がヒット。それを振り返って市川さんは、

 ぼく自身はちっとも変っていない。障害を克服したわけでも、無理して人格を矯正したわけでもない。生まれたときから、ぼくはぼくだった(当たり前ですが)。

 作家になるために大学の文学部に入って勉強したわけでもないし(っていうか、それは無理)、文豪たちの小説を読んで、それをお手本に習作を重ねたわけでもない。

 生きてきた道のり、いつも思っていたこと、それを自分の言葉で、ふだんしゃべってるように書いたら、なんだかとてつもない、それこそ夢のような夢に手が届いてしまった。*1

 まったく自分の生き方は変わっていないという。そして、自分の生い立ちや生き方を振り返りながらそれをファンタジックに分析し小説のモチーフとしてきた経緯を説明する。

まずは、自分はテナガザルタイプの原型であると考える*2

 (日本的な)ヒエラルキーを持つ社会を形成するチンパンジーでもなく、男性的強さを軸とする社会を形成(一夫多妻制)するゴリラでもなく、孤独癖のある厭世家なオランウータンでもなく、自分は家族単位で社会を形成するテナガザルであるという。家族以外との社会と関係をなるべくなくし、自分にとって大切な家族だけと濃い関係を求める。それが市川さんの理想。話がそれるけど自分の生き方を動物に例えるなんて本当にロマンチスト。
(私たちの多くは収入を得るため社会との関係を切れないけれど)小説作家のような創造的な仕事をする人なら発達障害を持ってても(いろいろと生活しずらさはあるだろうけど、少なくとも収入を得るという意味では)やっていけると思えてしまう。

世界共通言語であるこの世界観ーそして感傷やノスタルジーは、人種や国境、宗教を越えてちゃんと伝わっていく(中略)
 嬉しいですねえ。*3

 金銭的な成功だけでなく、自分のありのままを書いた小説が世界中でヒットしている。それに対する悦びが伝わってくる。

 

 全体を通して著作の引用などもふんだんに使ってそのときのモチーフを自分の生き方になぞって説明していく。発達障害に興味がなくても市川拓司ファンなら読んでみても良いと思う。

*1:ぼくが発達障害だからできたこと 市川拓司

*2:ぼくが発達障害だからできたこと 市川拓司

*3:ぼくが発達障害だからできたこと 市川拓司

読書 陽だまりの彼女

 小さい頃近所に仲が良かった子がいて良く遊んでいたけど小学校に入って友達が増えたせいかその子とは疎遠になってしまった。もしそうならずにつき合いが続いていたら今頃どうなっていただろう。

 陽だまりの彼女(著者:越谷オサム)は、社会人になった主人公は中学生の時ある事件をきっかけに面倒をみることになった同級生の「真緒」という娘がいて、10年後にバリバリのキャリアウーマンになった彼女と仕事上のクライアントとして再会するところから話が始まる。

 勉強の面倒を見ていた頭の悪かった彼女は今やクライアントで頭も切れる。さらに自分のことを覚えていてくれて綺麗になった彼女と仕事をやりとりするうちにデートに誘ってしまう。主人公は中学生の時に真緒と話をするのが恥ずかしてくぶっきらぼうな態度をとってしまったことに後悔を覚えつつ彼女に惹かれていく。

「この十年は、あんまり楽しくはなかった」ちょっと、声がう上ずってしまった。「やっぱり、分数の割り算を教える相手がいなかったから」

 真緒が、自分の顔を指さしている。

 頷くと、真緒は「いやー、恐縮です」と言って体をくねらせた。

 十年も凍結されていた思いが、僕の中でゆっくりと溶けはじめていた。*1

 (空白の10年間で彼女と一緒にいなかったことを後悔していますという)主人公の告白に対して真緒の等身大のリアクション。ここでぐっと親近感を覚える。

 見る予定だった映画をやめて別のタイトルを選んだり、ベッドで居眠りするはずが急に畳がいいと言い出したりして急に気まぐれを起こす真緒。そんな真緒に腹を立てる時もあるけど甘えられるとつい許してしまう。彼女の里親や学生時代の友人と話をするうちに少しずつ彼女との空白の10年に触れていく。共同生活のなかで主人公はますます真緒を好きになっていく。

 だけど、銀行の預金を全額下したり、体調を崩したのに病院には行かないと言い張る彼女の不審な行動に主人公は不安を覚える。もしかしたら真緒が自分の前からいなくなってしまうのではないかという主人公の気持ちが伝わってくる。今の真緒との生活に悦びを覚える主人公の気持ちが伝わってくるからいっそうそう思える。

 真緒はひどく青ざめていた。

 きっとまだ、何か隠しているはずだ。だが、いま厳しく追及しようとすれば、僕はまた真緒を怒鳴りつけてしまうかもしれない。

 疑問を胸の奥に押し込め、僕はそっと尋ねた。

 「本当にそのお金、預けるんだな?」

 「うん」

 真緒は頷き、洟を啜った。*2

 真緒が大切だから彼女を信用して追い詰めない主人公。心が広い。人生を伴にするというのはこういうことなのかもしれない。

 疲れている真緒にプレゼントして元気づけようとする主人公。その瞬間幸せを感じる二人だけど徐々に真緒の元気がなくなっていく。幸せなはずなのにその先の展開に不安を覚える。瞬間瞬間を精一杯生きようとする真緒とそれを見守ることしかできない主人公。読んでいて胸が締め付けられる。久しぶりに読書でじんわりきた。

 

 ちなみにAmazonのコメントは賛否両論。というか否定的なコメントが多かった。私は二人のつき合いや共同生活の中から悦びや悲しみを見つけ出していくプロセスを楽しめる人ならこの本はOKだと思う。

 

東急バスの広告がいい

 仕事の関係でITシステムのプレゼン資料を作ることがあるけどまったく知らない人に判り易いものを作るのが大変。毎回内容判っている上司にレビューしてもらうけどなかなか一発OKはない。

 その一方、毎日通勤で使っている東急バスで掲載されている広告が非常に判り易くてよくできているので参考になる。

 

f:id:halfday:20170815205656p:plain

 引用元:こども50円キャンペーン 東急バス

 

f:id:halfday:20170815205930p:plain

 まずタイトルを上段に大きく掲載。シンプルだけどタイトルを見ればキャンペーンの内容や料金が一目瞭然。普段の子供料金が100円だから半額だととてもインパクトがあるように錯覚してしまう。

 

f:id:halfday:20170815210409p:plain

 清算手段や利用方法を自然なデザインで一カ所にまとめているため目移りせず判り易い。セリフが子供目線。だれがお客様なのかちゃんと把握している。

 

f:id:halfday:20170815211832p:plain

 期間限定の文字が太陽のイメージで強調される。限定という言葉に弱い人の目を惹くかも。

 

f:id:halfday:20170815210754p:plain

 利用期間の提示にそれなりのスペースを取ってちゃんと抑えているのが判り易くて良い。吹き出しがバスの形になっている。こういうちょっとした工夫は見ててワクワクする。

 

f:id:halfday:20170815211114p:plain

 エキッズ(子供がバスに乗ったことを知らせる見守りサービス)をアピールして親御さんがお子さんに利用させる不安を解消。ここまでやると可愛い子には旅をさせよという気持ちになるかも。最後にこれでも気になることがあればと、問い合わせ先を表示。フォローも万全です。

 この広告を作ってて楽しそうだなぁ、とうらやましくなってしまった。

 

 

 

読書 はじめてのヘーゲル「精神現象学」

 会社で仕事をしているとどうしても自分の意見を取り下げできなくて人と衝突してしまう場合がある。立場が対等ならいいけど、そういった時はえてして相手の立場が上の場合が多く、結果として①情報を十分に共有してもらえなかったり②評価を下げられる、という制裁を受ける。

 はじめてのヘーゲル精神現象学」ではフランス革命時の(本来なら革命のために立ち上がった人達を革命成功後の政府が処罰する)恐怖政治を「死の畏怖」の例としてそれを説明している。

「死の畏怖」の経験は、人に、個としての自己存在を絶対的理想の情熱と引き換えにできるか、という問いの前に立たせる。多くの人は命とひきかえに「絶対的理想」に殉じることを断念し、過激な理想への情熱をなだめるのだ。*1

 つまり私の意見(個人としての絶対的理想)を通そうとすれば、会社の意見(より普遍的な理想)により否定され①②のような制裁を受ける。孤立や給料が下がる(という「死の畏怖」から)私はそこまで意見を通せずに会社の意見を受け入れる。

 しかしそこで自分の意見を黙殺したままで良いのか?と疑問に思う。私はもっと「自由」でありたい、という思いに矛盾する。

「普遍的自由」を実現するためには、政治と社会に必要な現実的制度をそれなりに受け入れるほかはないと考える。つまり、すでに存在する社会的な制度を容認しつつ、徐々に新しい秩序を作り上げてゆくほかないことを認めるのである。*2

  この本では会社のルールに基づいて(もしくは新しくルールを作り上げて)そこで自分の自由を通していけと語る。この辺りは自己啓発書などで、「周りの環境が変わることはない、それよりも自分が変わりなさい」とよくある話。

 話がそれるけど、大切なのは「死の畏怖」を自分で経験して打ちのめされることだと思う。なぜなら、そうしないと自分を社会に対応させるという考えが腹に落ちないから。

  しかし、実際に仕事に関わると回答が判っていない、そもそも課題さえ判っていないものが多いと思うけど、そういった絶対的な基準がない場合、私はなにを拠り所に判断するのか?この本ではそれは「良心」だという。

「行動する良心」は、いまこの行為の「善い」、という素朴な善の感度を生きているだけである。ここでは精緻な認識や思想がないかわりに、その絶対的な理想化もなく、善の意識が良き行為と一つに結びついて生きられている。この意味で「行動する良心」の本質は、理念化された「純粋義務」にではなく、あくまで「このことは正しいと自分は信じる」という「自己確信」にある。*3

  (会社のルールも含めて)理性や道徳に基づく「純粋義務」でなく、あくまで自分の正しいと思う信念に基づてまず動くべきだと語る。良心は自分の自由意志だからこの説は納得できる。ただし、良心は外的な絶対基準をもたないためブレやすい。

 また、仮に外的絶対基準があったとしても、自分の良心を大切しなければいけない場合もある。例えば、会社の上司の命令で法的にまずい作業を指示されたとして、その結果、自分の家族が路頭に迷うようなことがあれば良心を優先しなくてはならない。

 それでは絶対的基準を持たない良心は意味がないのか?という問いに対してこの本はこう答える。

たしかに、「良心」は、「正しさ」の根拠を絶対的な知としてもっているわけではない。しかしそれでも、その根拠を「言葉」のかたちで全面的に他者に示そうとする態度を見て、他者のほうは、自己確信を普遍的なものたらしめようとする良心の意志じたいは承認しないわけにはいかない。*4

 つまり、良心に基づいて主張すれば、少なくとも自分の意見は相手に理解されるべきということ。普遍的な基準を探すにはお互いの意見の相互理解が必要だからまずは第一歩として自分で確信したことははっきり主張する。大切なことだと思う。

 

*1: はじめてのヘーゲル精神現象学」 竹田青嗣+西 研

*2: はじめてのヘーゲル精神現象学」 竹田青嗣+西 研

*3: はじめてのヘーゲル精神現象学」 竹田青嗣+西 研

*4: はじめてのヘーゲル精神現象学」 竹田青嗣+西 研

読書 いとみち

 行きつけの図書館で目当ての本を借りたついでに読み易い小説をネットで検索。越谷オサムが良い感じ。陽だまりの彼女が有名らしいけど在庫がなかったため「いとみち」を借りた。

 コテコテの津軽弁でしかコミニュケーションが取れないため中学時代は友達とも会話できずに寡黙になってしまった「いと」という名前の高校生の女の子が自分を変えるためあえて接客業のメイド喫茶で働き始める話。

 冒頭で、

 ふわりと膨らんだパフスリーブから伸びる二本の細い腕が、津軽三味線の白い胴を体の前で抱きしめている。近世ヨーロッパの使用人の間で用いられた仕事着と、門付け芸を礎に本州の北端で独自の発展を遂げてきた弦楽器の取り合わせは、意外なほど調和がとれていた。

 悪ぐねな。

 

いとみち 著者:越谷オサム

のっけから津軽弁がグイグイくる。 思春期の女子高生と口からでるどっしりした津軽弁がアンバランスでいい。そそります。全体を通して「いと」の不器用さ、思春期ゆえの悩みが心に突き刺ささってくる。

 「 おかえりなさいませご、主人様」がどうしても言えず、「お、おけえりなせえまし、ごスずん様」になってしまう不器用な彼女。(彼女は標準語が使えなくて悩んだり努力するけど)それがとてもかわいい。

 いとは脚を大きく開き、ジーンズの腿を手のひらで叩いた。

「これだぁ、この脚。こったパカーッと脚開いて、女なのにみっともねじゃ。無理やりでも矯正してくれとったら、わぁは今でも三味線弾いてたはずだぁ。なすてばばは、わぁが小さいうちに矯正してくれなかったんず?」

いとみち 越谷オサム

 過去に三味線の発表会で入選したけど、その時の自分の演奏ポーズに愕然として三味線をやめてしまう。 思春期ゆえに悩む彼女。

 純粋でけなげ。とてもいじましくて、すぐ泣いてしまう彼女にもらい泣きしそうになる。

 

みのがさ 神田和泉町店

 今日はタブレットで使うBluetoothのキーボードを買うために秋葉原にやってきた。ついでに前から行こうと思っていた立ち食いそば屋を訪問。だけどオフィス街のためか祝日はお休みのお店ばかり。3件目のお店が開いてた。よかった。

 

f:id:halfday:20170811203519p:plain

みのがさ 神田和泉町店。木の看板とユニークな六文銭の暖簾にお店のこだわりが伺える。期待できそう。

 

f:id:halfday:20170811203154p:plain

入店するまで知らなかったけど、そばで有名な戸隠の蕎麦粉を使っている。これはそばに期待できる。(普通の立ち食いそば屋のそばってあれだから。。。)嫌でも気持ちが盛り上がります。食券を店内の券売機で購入してお店の人に注文。

 

f:id:halfday:20170811203237p:plain

 かき揚げそば(420円)がやってきた。具はかき揚げ、ワカメ、ネギ。かき揚げが大きい。丼の表面の8割を覆い尽くしワカメと協同で戸隠産の粉を使ったそばを私の視線から遮る。

 最初におつゆを一口。パンチはそれほどないけど出汁は効いている。次にそば。細めだけどもちもちしている。食べ飽きない感じでいい。

 かき揚げの具は玉ねぎがメインでネギが少々。ころもの食感が良いせいかイカが入っていると錯覚して思わず探してしまった。カリカリに揚げたてのかき揚げも自己主張してて良いだけど、しっとりしていてそばやおつゆとなじむ。こういう引き立てかたのほうが私は好き。

 

f:id:halfday:20170811203322p:plain

完食。いつもなら途中で飽きて食が捗らなくなるけどここは最後までペースが変わらない。そば、おつゆ、具はどこから手を付けても入っていける。超絶美味しいわけじゃないけどいつでも寄ってサクっと食べるにはいい。ごちそうさまでした。

感情が顔に出にくい

 2人の上司からそれぞれ連絡事項あり。上手くコミニュケーションできたり、できなかったり。

 1つめ。事務所の席を外した時に上司が来たらしい。何かあったのか若干不安になりつつ上司の席に伺う。上司は休憩時間に働くには事前申請と承認が必要とかなんとかかんとか就業規則を説明。どうやら説明義務を果たしたいだけらしい、と話の筋が見えて安心。

 いつもなら相手の会話を徹底的に分析するモードに入って会話を拾い損ねるけど今回は途中でモードに入ったことに気づいたため、相手の話を拾ってコミニュケーションするモードに切り替えることができた。なにごともなく笑顔で会話終了。無事クローズできて良かった。

 2つめ。最近お世話になっているマネージャーがわざわざ私の席までやってきて私の海外出張が決まりそうと連絡してくれた。ありがたいことなので、よろしくお願いします、とお礼。だけど後でまたやって来て、(頻繁な海外出張はポイントをためるチャンスなので)JALANAどちらを集中して利用するか今のうち考えておくといいよ、とアドバイスをもらった。わざわざそんなこと言いに来るなんて(私からしたら)不可解。とりあえず話に乗る姿勢を見せるためどっちがおすすめか相談モードに突入。いろいろ教えてもらって会話終了。 

 海外出張は良い経験になるので素直に嬉しいけど、(それと同時に会話中に分析モードに入ってしまって大変そうだと不安な気持ちが首をもたげて複雑な心境のせいか)素直によろこべない。その結果嬉しい気持ちが顔に出ない。

 もしかしてマネージャーがわざわざポイントの話を振ったのは(自らの経験からアドバイスする親切心もあるかもしれないけど)話を盛り上げたかっただけなのか?もしそうだとしたらこんな私を見てどう思っただろう。